自動車学校での様々な講習も魅力的

自動車学校には、教習指導員がいますが、主な業務は運転免許取得のための技能や学科の教習指導を担います。
送迎バス業務も教習指導員が担っていることも多く、資格を持たなければ、公安委員会が行う指導資格を取得しなければなりません。
自動車学校では、普通自動車の学科・技能教習があるため、AT限定免許だけを所持していたり、ペーパードライバーである場合には採用されていません。
中型自動車や普通自動二輪の免許に関しては、免許取得も必要です。
自動車学校では、普通自動車免許MT・AT、大型特殊車、二輪車までの教習が受けられます。
また、ペーパードライバー講習も随時行われています。
免許はあっても、何年も運転していない不安もあるでしょうし、AT車やMT車の操作が不安な場合にも1時限程度の時間で済むため、学び直して欲しい講習です。
他にも、安全教室などを設けている自動車学校も少なくありません。
学校を1日開放してくれたり、冬道講習や自動車と同じく、安全運転が必要となる自転車教室などまで行ってくれます。