自動車学校で指導員として働くには

一般的な自動車学校は、各都道府県の公安委員会から指定を受けた指定自動車教習所です。
自動車学校で指導員になるには、指定自動車教習所指導員という国家資格を取得していなければいけません。
運転免許を取るには、教習を受けてから試験を受ける必要があるので、指定自動車教習所指導員も教習指導員の資格と技能検定員の資格に分けられています。
どちらかの資格を有していれば就職は可能ですが、教習指導員の資格を取って就職した後に技能検定員の資格を取る人が多いです。
というのも、教習指導員の受験資格が21歳以上であるのに対して、技能検定員の受験資格は25歳以上となっているためです。
いずれにしても、車種ごとに資格を得なければいけず、運転免許と違ってたとえ大型免許に対する教習指導員かつ技能検定員の資格を有していても、普通免許など他の車種に対する指導や検定はできません。
ですから、全ての資格を取りたい場合は、20個以上の試験を受ける必要があります。